Otona Ballet Competition

審査員

坂本慶子 Keiko Sakamoto


  

元ミハイロフスキー劇場バレエ

坂本慶子バレエスタジオ 主宰

梅花学園バレエ講師

 


5歳よりバレエを始める  蛭田文子に師事

 

1989年  ロシア  ワガノワバレエアカデミーへ短期留学

1991年  正式留学  タチアナ・ウダレンコワに師事

アカデミー公演「くるみ割り人形」では外国人初の主役に抜擢される

1993年  卒業後、レニングラード国立バレエ(現 : ミハイロフスキー劇場)の芸術

監督ボヤルチコフに誘われ入団

1996年 チェコ共和国立  プラハ国民劇場へ移籍

「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「くるみ割り人形」「ジゼル」「海賊」をはじめと

する古典作品で主役をつとめ、バランシンやアルビンエイリー、キリアンの作品でも

活躍

アメリカ、フランス、イタリア、フィンランド、スペインなど世界各地で客演

2005年  帰国するまで15年間ソリストとして数多くの舞台に立つ

 

現在は海外での豊富な経験を生かし、各地で指導する

2015年1月  坂本慶子バレエスタジオ  開講

2016年4月より梅花学園バレエ講師

2017年4月より プリマステッラバレエ ゲスト講師

2017年・2018年 Kobe International Ballet Fes アドバイザー