Otona Ballet Competition

審査員

グリゴリー・バリノフ Grigory Barinov


  

元新国立劇場バレエ団

ソリスト


ロシア モスクワ出身。

1988年 国立リガ・コログラフィー・スクールに入りユーリ・カプラリス(バリシニコフの教師)に師事。

1996年から2000年までラトビア国立オペラ劇場に在籍。

2001年より新国立劇場バレエ団の契約ソリストとなる。

以降、バレエ団のすべての作品にソリストとして出演。

古典作品はもちろんの事、多くのコンテンポラリー作品にも出演している。

 

「白鳥の湖」道化とパ・ド・トロワ、

「ジゼル」村人のパ・ド・ドゥ、

「眠れる森の美女」青い鳥、

「ラ・バヤデール」黄金の神像、

「パキータ」パ・ド・トロワ、

「シンデレラ」道化

「カルミナ・ブラーナ」神学生1、

「オルフェオとエウリディーチェ」アムール、「ドゥエンデ」

 

2011年 シーズン終了後 退団し、現在はダンサー、教師としてもフリーで活動している。

2012年より東京小牧バレエ団教師となる。